2023年1月19日 - 23日
両足院アートプログラム “RYOSOKU 瞑想回廊 #2”
 
 

 

REBORN #1.jpg

津田直, "REBORN series", 2010-2022

 このほど両足院にて、2018年より境内一帯を次世代につなぐ実践的な試みを展開しているRYOSOKUの活動の一環として、石上純也・杉本博司・津田直×伊藤東凌の作品を展示する特別公開「瞑想回廊 #2」を開催いたします。

 

 特別公開は、2023年1月19日(木)~ 23日(月)までの5日間を予定しており、両足院に受け継がれてきた遺産と現代の美を融合させ、昇華させる試みとして、写真家・津田直が両足院に幾度か訪れ、両足院と呼応する写真作品を1点制作し、両足院副住職・伊藤東凌による書とのコラボレーションを実現。また、建築家・石上純也が、未来につながる新しい価値観を育む、これからの市中の広場について問いかけるスケッチおよび模型を展示。さらには大書院において2021年に完成した現代美術作家・杉本博司の襖絵と掛け軸を公開します。

なお、RYOSOKUのYouTubeでは、襖絵と掛け軸の記録を公開中です。こちらからご高覧ください。

<開催内容>

会 期:2023年1月19日(木) - 23日(月)10:00-15:00(最終入館:14:30)

会 場:両足院(京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591)

定 員:15名(30分ごと)*事前予約制。

鑑賞料:2,000円

協 力:amanaTIGP

*両足院は非公開寺院であり、特別公開は期間限定、完全予約制でHPにて予約受付(12月6日(火)午前10時より受付開始)します。

*ご予約後のお客様ご都合による変更およびキャンセルはお受けできません。 ご理解いただけますと幸いです。 

<展示作品>  

・津田直「REBORN series」

・石上純也建築設計事務所「模型」、「スケッチ」

・杉本博司「襖絵」、「掛け軸」

津田直、REBORN series
津田直、REBORN series

press to zoom
杉本博司、襖絵東面「放電場」
杉本博司、襖絵東面「放電場」

press to zoom
杉本博司、掛軸「日々是荒日」
杉本博司、掛軸「日々是荒日」

press to zoom
津田直、REBORN series
津田直、REBORN series

press to zoom
1/4

関連イベント

  1. 対談(石上純也 × 伊藤東凌)
    日 時:1月20日(金) 13時ー14時30分
    定 員:40人
    参加費:3,500円(鑑賞料込)

     

 

 

 


 

2.  展示ツアーと坐禅会(津田直 × 伊藤東凌)

     日 時:1月21日(土) 15時ー17時
     定 員:25人
     参加費:3,500円(鑑賞料込)

 

 

 


 

3.  丗|SEIでの企画展「WONDER」
     日時:1月19日(木)から1月23日(月)までの11時から15時(1月20日(金)
のみ休み)
     内容:「瞑想回廊#1」参加作家であるサムソン・ヤン、「楽事」参加作家である新里明士を中心に、テレジータ・フェルナンデス、ス・ドホ、スタジオ橡、中川周士、かみ添、佐藤聡らのアート作品と生活用品を展示販売。
     入場料:1,000円

 


 

*イベント(対談と展示ツアー・坐禅会)は、定時の15分前より受付を開始します。

*関連イベント参加申込は12月6日(火)午前10時からHPにて予約受付開始します。